ヒメツルソバ日記

明るい気持ちになった物事を綴ります

インドの映画『きっと、うまくいく』を観て ②

(①からつづいています) 二人のやり取りを隣で聞いていたほろ酔いのラージューが、“ランチョー導師様”と頭を垂れて声をかけました。自分の情熱は工学にあるのに、どうして成績がビリなんだろうというのです。“それはお前が臆病だから”。ランチョーは即答する…

インドの映画『きっと、うまくいく』を観て ①

この映画は、おすすめの映画として何人もの人がインターネットで紹介されていました。レンタルDVDのパッケージにも、全世界で大ヒットしたとあります。多くの人が観て(または読んで)よかったと勧めてくれている作品は、いつも、わたしも誰かに勧めたくなりま…

映画『ツナグ』を観て ②

(①からつづいています) 夜が明けてきて、キラリの消えていった部屋を出た土谷が、歩美にお礼を言います。そうして階段を降りていく土谷の背に、歩美が声をかけました。土谷が立ち止まり振り返ります。“キラリさんのこと忘れないでください”。歩美の言葉に、…

映画『ツナグ』を観て ①

『ツナグ』もまた、映画『最強のふたり』のDVDの中で紹介されていました。死んだ人との再会をかなえてくれる案内人、“ツナグ”。会えるものなら、ツナグをとおして会わせてもらいたいだろうか? 自問しながらこの映画を観てみたいと思いました。 『ツナグ』は…

映画『砂漠でサーモン・フィッシング』を観て ②

(①からつづいています) 資産家は、イエメンの部族の長であるシャイフ・ムハンマドで、彼はこのプロジェクトに協力することになったジョーンズに、感謝の気持ちと、前向きな気持ちでやらなければ何も成功しないことを伝えました。 天然の鮭を手に入れることが…

映画『砂漠でサーモン・フィッシング』を観て ①

この作品も、映画『最強のふたり』のDVDに収録されていた映画案内の中の一本です。釣り好きな水産学者ジョーンズのもとに、ある日、投資コンサルタントのハリエット(女性)から一通の電子メールが届きます。ある資産家が中東のイエメン国に川を造り、鮭を釣っ…

映画『カルテット!人生のオペラハウス』を観て ②

(①からつづいています) レジーが、どうして歌うことをやめたのかと、ジーンに尋ねます。ジーンは、突然重圧が大きくなったのだと答えました。“今日の出来は昨日の出来よりよくなければならない⋯⋯でもそんなの無理。すごくピリピリして歌うことができなくなっ…

映画『カルテット!人生のオペラハウス』を観て ①

映画『最強のふたり』のDVDには、今まで観た中で最も多くの他作品の紹介映像が収録されていました。13作品くらいあったと思います。そのうちの1つが、『カルテット!人生のオペラハウス』でした。 引退した音楽家たちの老人ホームには、いつも音楽が満ち…

映画『最強のふたり』を観て ②

(①からつづいています) フィリップの現実も、ドリスの置かれた境遇も決して明るいものではないのに、二人のやりとりは笑えます。本当のことを喋っているようでいて、楽しく笑える話にしていくのです。笑えるって最強だと思いました。 フィリップがドリスに自…

映画『最強のふたり』を観て ①

映画『最強のふたり』の予告映像を、ずっと前にテレビで観たことがありました。今でもその映像を観ることができるのだろうかとインターネットで探してみると、すぐに見つかりました。 全身麻痺である大富豪フィリップが自身の介護人として雇ったのは、スラム…

人気漫画『ホタルノヒカリ』を読んで ②

(①からつづいています) その後、蛍は大阪支社に転勤になります。蛍が関西で働いている間、部長とは一度も会うことがありませんでした。蛍は部長と一緒にいたころから始めた500円玉貯金を続けていました。ビールを2日に1本にして、つもり貯金をすること…

人気漫画『ホタルノヒカリ』を読んで ①

ひうらさとるさんの描かれた『ホタルノヒカリ』(講談社)の、最新シリーズである『ホタルノヒカリBABY』を単行本で最終巻まで読んだとき、テレビドラマや映画で知っている物語とは少し違う、もうひとつのお話があることが分かりました。 それは、蛍、部長、一…

人気漫画『ホタルノヒカリBABY』最終巻(単行本第6巻)を読んで

ひうらさとるさんが描かれた『ホタルノヒカリBABY』は、女性漫画誌『Kiss』(講談社)では今年(2021年)の6月号で、単行本においては先日(7月中旬)発売された第6巻で完結しました。 『ホタルノヒカリ』シリーズとしては、『Kiss』誌上で2004年夏に連…

映画『レンタネコ』を観て ③

(②からつづいています) 低く、簡単に作ってある竹垣のところでサヨコはよく、隣のおばあさんと顔を合わせます。おばあさんは、サヨコの気にしていることをズケズケと言ってきます。おばあさんが立ち去ったあとサヨコは、おばあさんのことを“ぜっていゆるさね…

映画『レンタネコ』を観て ②

(①からつづいています) 小ぶりのリヤカーの荷台に、ネコがすっぽりはまるくらいの深さのある長方形のかごを2つ、隙間なく固定しています。どちらのかごも、畳表のような通気性がよくネコが触れても痛くない素材で、3つに仕切られ、囲われているのです。6…

映画『レンタネコ』を観て ①

“都会の片隅にひっそりと一軒のレンタネコ屋がありました⋯⋯”。画面から、そんな言葉が流れてきました。『映画ホタルノヒカリ』を観ようとDVDを借りてきたとき、その前に、当時の新作DVDの紹介映像が数本あり、『レンタネコ』はそのうちの一本でした。さみし…

アニメーション映画『リメンバー・ミー』を観て ③

(②からつづいています) 藤木直人さんが声を担当している役柄は、ミゲルが死者の国で出会ったヘクターという名前のガイコツです。ガイコツ姿で藤木さんのさわやかな声は、似合っているとは言い難かったのですが、ヘクターが若くして命を落としたことを知ると…

アニメーション映画『リメンバー・ミー』を観て ②

(①からつづいています) 『リメンバー・ミー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオによって製作された作品です。監督は、『トイ・ストーリー3』も手がけられたリー・アンクリッチさん。2017年11月にアメリカで公開され、第90回アカデミー賞で、…

アニメーション映画『リメンバー・ミー』を観て ①

人気の漫画、『ホタルノヒカリBABY』(講談社)の単行本、1巻と2巻の巻末には、作者のひうらさとるさんと、(テレビドラマや映画で部長を演じられた)藤木直人さんのスペシャル対談がありました。お話の中で藤木さんが、ディズニー提供によるアニメーション映…

人気漫画『ホタルノヒカリBABY』を読んで ②

(①からつづいています) 2巻では、部長が一の通っている保育園の園長先生から、“ごめんなさい”よりも“ありがとう”のほうがいいときがあることを教えてもらいます。わたしもとっさに“ごめんなさい”や、“すみません”を使っていることに気づきました。たしかに…

人気漫画『ホタルノヒカリBABY』を読んで ①

ひうらさとるさんの描かれた『ホタルノヒカリSP』を読んだあと、引き続いて『ホタルノヒカリBABY』を読みました。『BABY』のほうも女性漫画誌『Kiss』(講談社)で、2017年12月号から連載が始まり、今年(21年)6月号で完結されたようです。全34話で…

人気漫画『ホタルノヒカリSP』を読んで ③

(②からつづいています) アイドルのオタク活動において自担というのは、応援しているグループの中でも最も力を注いで応援している人のことで、つまり自分の担当という意味であるそうです。4巻で、子どもを出産して2年くらいの間アイドル界のことをすっかり…

人気漫画『ホタルノヒカリSP』を読んで ②

(①からつづいています) 光は、元いた会社にリストラされていました。蛍は光が普段から、オタク活動のために食べ物などを節約することを心配していたので、蛍の働く会社に光を入社させようとしていたのです。会社の正規の採用試験に、光はすでに合格していま…

人気漫画『ホタルノヒカリSP』を読んで ①

ひうらさとるさんの人気漫画『ホタルノヒカリ』は、女性漫画誌『Kiss』(講談社)において、2004年(8月10日発売)から09年(6月25日発売)まで(全87話)連載されています。単行本では全15巻です。続編として『ホタルノヒカリSP』が、2014年3…

『映画 ホタルノヒカリ』を観て ②

(①からつづいています) “ずっと昔、遠い夏の記憶。おばあちゃんの家の縁側で見つけた小さな蛍。おばあちゃんは言った。蛍はね、きれいな水と流れる川と、ありのままの自然がなければ生きていけないんだよ。夏が来るたびに、あの日、幼かったわたしの手の中に…

『映画 ホタルノヒカリ』を観て ①

テレビドラマ『ホタルノヒカリ2』に続いて、2年後の2012年6月に公開された、『映画ホタルノヒカリ』のDVDを借りてきました。 2012年冬、主人公、雨宮蛍は部長の高野誠一と結婚して(高野蛍になって)、お正月を迎えていました。誠一は蛍とは別の会社…

テレビドラマ『ホタルノヒカリ2』を観て ②

(①からつづいています) 最終夜で、高野部長が、“自分のしあわせが何か分からない人間が、人をしあわせにできると思うか?”と蛍に問いかけます。蛍に、まずはこれから先もずっと干物女でいるのかどうか考えるように言いました。高野部長が自分なりに、ありの…

テレビドラマ『ホタルノヒカリ2』を観て ①

テレビドラマ『ホタルノヒカリ』(原作は、ひうらさとるさんの人気漫画、『ホタルノヒカリ』【講談社刊『Kiss』】です)に続いて、『ホタルノヒカリ2』もDVDを借りてきました。 『ホタルノヒカリ2』は、前作から3年後の2010年7月から、前作同様、日本…

テレビドラマ『ホタルノヒカリ』を観て ③

(②からつづいています) 第八夜では、“人と人がつき合うってことは、もともとめんどくさいもんなんだ”と、高野部長が話しました。“言いたいことを言い合って、いやなところをいっぱい見て、それでも楽しく過ごす”。“惚れた女ができたらな”と部長の言葉は続く…

テレビドラマ『ホタルノヒカリ』を観て ②

(①からつづいています) ある日、いつものように縁側で、新聞紙を体の上に広げて寝入っている蛍のところに、家主の息子が帰ってきました。彼は、蛍の会社の上司、高野誠一(藤木直人さん演じる)で、妻と別居をして実家に戻ってきたのです。蛍と同じ部署の部長…